2019年3月14日
独孤伽羅~皇后の願い~

inouemini2

©Beijing Hope Century Motion Pictures Co., Ltd
デジタルプレミアムコース:チャンネル銀河(135ch)

(番組概要)
舞台は南北朝時代の北周。のちに隋の初代皇帝・楊堅(ようけん)の皇后となる独孤伽羅を中心に、北朝から隋唐の時代にかけて栄華を誇った独孤家の3人の娘たちが、皇后の座に上り詰めていく様を描く大型歴史ドラマ。

(井上公子の今日のイチバン↓)

中国4千年の歴史というけれど、この物語の舞台は6世紀から7世紀にかけて。
南北朝から隋の建国、そして滅亡へ。
そのころの日本はと言えば、古墳時代から中央集権がなされ、飛鳥時代に入って行くあたり。
日本最古の歴史書「古事記」も「日本書紀」も奈良時代の編纂だから、中国が先進国として影響大きかったのは至極当然ですね。

この物語、どのくらい脚色が入ってるのかわからないが、宮廷の文化や暮らし、ファッション、娯楽まで、映像に表現するということは何らかの資料がなくては難しいのではないかな。
まるきり想像の世界では、真実味に欠け、うすっぺらになってしまう。それでは視聴者はついてこない。
人気を博している理由には、時代考証がある程度入ってる…と思いたい。
衣装を始め、調度や慣習、馬に乗って行うハンドボールみたいな競技は広大な国土の中国、騎馬民族ならでは…。創作でないならね。

世界中どこを見ても、歴史には強い女性が登場する。
女が歴史を動かす例もある。主人公「独孤伽羅」も強い。夫を「隋」の皇帝に押し上げたと言われる。
何が彼女を強くしてるって、権力への執着がすごいのだ。
政敵を蹴落とし、夫のおしりを叩く。
日本の推古天皇も女性だったが、政治の事情でしょうがなかったところもあったのでは?
推古天皇は「隋」を国家の手本としたが、朝敵・蘇我氏とは対立せず協調路線だったという。

さて、物語は主人公・伽羅を中心に、その3姉妹の愛と運命がドラマチックに展開していくらしい。
初回は登場人物の多さに混乱してしまったが、豪華さ、役者の美しさ、陰謀渦巻くストーリーの行方…
気になること満載で、2回以降が楽しみです。
強烈に残酷なシーンもあるけど、反面甘たるいラブシーン(??)もあり、アメと鞭のギャップがすごいです。

2019年3月8日
君の膵臓をたべたい

yamamoto


(C)2017「君の膵臓をたべたい」製作委員会 (C)住野よる/双葉社
デジタルプレミアムコース:日本映画専門チャンネル(125ch)
放送日:3月10日(日)  21:00~

(番組概要)

高校で図書委員の僕(北村匠海)は、病院で“共病文庫”と名づけられた闘病日記を偶然拾ったことで、クラスの人気者・桜良(浜辺美波)が重い膵臓の病気で余命わずかであることを知ってしまう。家族以外知らない秘密を共有する二人は急速に距離を縮めるが、事情を知らない桜良の親友・恭子(大友花恋)は僕に嫉妬を覚える。次第に僕と桜良はクラスでも噂の的になっていくが…。

(山本淑子の今日のイチバン↓)

「膵臓を食べたい」なんて、かなりゾッとする。実際、うちのおばあちゃんはこのタイトルを見て、「うわ、気持ち悪!絶対見んわ」と顔をしかめた。でも、ちょっと待ってください。

実は青春小説が原作の、清々しい、キラキラした、泣ける映画なんです。絶対見ないと損をする。浜辺美波が、膵臓の病で余命1年の高校生・桜良を好演。満開の桜のような笑顔に切なさが倍増する。クラスメートの「僕」は、北村匠海。孤立している地味な役としては少々カッコよすぎかも。が、12年後の「僕」を小栗旬が演じているので、そこは仕方ないかもしれない。小説ではページをめくった先に驚きや感動があったが、映画ではその代わりに原作にはない12年後を描いている。桜良の親友・恭子の結婚式。二度目の感動が待っている。ただ、結婚相手が少々笑える。あれがこれ?えー!って感じ。もうひとつ、えー!なのは、原作者の住野よるが男性だということ。タイトル然り、先入観は敵です。

 

2019年2月23日
旅猫ロマン

yamamoto


デジタルプレミアムコース:旅チャンネル(143ch)
放送日:3月2日(土)  13:30~

(番組概要)

旅先の様々な町に暮らす猫を求めて各地を訪ね歩く、猫の旅!
看板猫に野良猫、旅先で偶然出会った猫まで様々な町に暮らす猫を求めて、各地を訪ね歩きます。
その⼟地の⽂化や名所も交え、そこに⽣きる猫たちの様⼦をゆったり描く、猫の旅。

(山本淑子の今日のイチバン↓)

過去に2度、猫と暮らしたことがある。わがまま、気まま、外を出歩くが、呼ぶと戻ってくるので、行動範囲は意外に狭い。甘え上手でいたずら好き、ハンガーにかかっているパーカーのフードで遊んでボロボロにした。適度な距離感が好き。旅猫ロマンもそんな番組だ。猫は大抵の場合いつも静かに暮らす。家に居つくので、近所をウロウロ。今ここにいたと思うと、軒下や塀の間に入ったりして、撮影はなかなか大変そう。猫好きに代わって、猫のいる風景を探して旅してくれる。日本だけにとどまらず海外にも。グローバル!猫だらけの青島が観光で有名になり、猫カフェが流行る。猫って癒されるのかなあ。人嫌いでも猫は好きとかそういう人いますもんね。飼ってるとノミ対策とかエサの世話とかいろいろ大変だけど、リビングで猫たちの可愛い姿を見てる分には気楽でいい。苔ランプの灯る温泉地や、愛らしい子猿の映像に観光気分も味わえて一石二鳥。まったりと猫の旅に浸ってください。

 

2019年2月12日
ちかえもん

yamamoto

©NHK
デジタルプレミアムコース:チャンネル銀河(135ch)
放送日:2月14日(木)スタート (月~金)0:00~

(番組概要)

時は元禄16年の大坂。浄瑠璃作家・近松門左衛門は極度のスランプに陥っていた。
謎の渡世人・万吉と出会い、近松は毎度騒動に巻き込まれるが……。人形浄瑠璃の名作「曾根崎心中」を執筆するまでの様々な苦悩と、それを取り巻く人間模様をコミカルに描いた痛快娯楽時代劇。

(山本淑子の今日のイチバン↓)

近松門左衛門とか「曾根崎心中」、そう言えば教科書に載ってたな、とか、聞いたことあるけどよくわかんないわ、とか、けっこうそういう方いらっしゃるんじゃないでしょうか。

江戸時代版人形劇の浄瑠璃や歌舞伎の脚本を書いていたのが近松門左衛門で、当時の流行作家、シナリオライターみたいなもんだったらしいです。大ヒット浄瑠璃「曾根崎心中」誕生秘話という形で物語は進むので、ざっくりわかった気になるお得感があります。もちろん虚実入り混じってますから、そこんとこはご承知くださいね。こてこてのコメディですが、軽過ぎず重過ぎず、役者がみんないい味出してるので、見応え十分。スランプに陥ったダメな中年男、近松を松尾スズキが好演してます。肝のちっちゃい役、ハマってます。毎回歌う替え歌が70年代のフォークソングっていうのも役者に合ってて面白い。一方で、人間の弱さや強さを考えさせられたり、奥深いところも。チャンバラのない時代劇、ホッコリしますよ。

2019年2月5日
島津亜矢 リサイタル2008 無双~貫き通す一筋の道~

inouemini2

Ⓒテイチクエンタテインメント
デジタルプレミアムコース:歌謡ポップスチャンネル(175ch)

(番組概要)
えん歌の歌姫・島津亜矢が、2008年10月24日にNHKホールで開催したリサイタルを放送。
「無双」をテーマに掲げて繰り広げたステージの模様や、島津亜矢が当時を振り返るインタビューも併せてお届けします。

(井上公子の今日のイチバン↓)

なぜか最近、このコーナーで演歌番組の担当が増えている気がする…
この年になって、ふさわしい年になってきたということか。新たな世界をのぞかせてもらっていることに感謝。

島津亜矢…知らない名前ではない。顔も知っている。だけど、ヒット曲を知らない。
紅白にも出場する歌手なら、何かしら代表曲をもっているものと思う。
坂本冬美なら「夜桜お七」というように。
この人には、調べてみてもこれという曲がない。昨年の紅白でも「歌がうますぎる!」と話題沸騰したらしいが、歌った曲は中島みゆきの「時代」だったそう。
本人もカバーアルバムなど多く出しているようで、演歌で推す自分と、歌唱力を生かす自分を分けているのかも。

現在40代後半の彼女、10年前のリサイタルの歌唱をたっぷりと味わえる番組だ。
10年前も、たぶん今と変わらない歌唱力なのだろう。マシーンのように音程を外さないのがすごい!
今、ちょうど歌番組で中島美嘉が持ち歌の「雪の華」を熱唱していたけど、体調悪いのですか???というくらい不安定だ。
これ、島津亜矢が歌ったら・・・いかばかりか。

私がプロの歌唱の神髄を見たのは、松山にマントラが来たとき(マンハッタン・トランスファーが来たことあったのですよ!)と東京で見たスウィング・アウト・シスター。
口パクだったら残念だけど、この人たちのコーラスは、どこをとっても完璧だった。
プロってこういうことなんだ・・・と日本のミュージシャンたちが残念になったことを覚えてる。

で、島津亜矢である。この人が複数いたら圧巻のコーラスを聞いてみたいな~。
音感も素晴らしいが、のびやかな声、これが何よりの魅力。どこまでも伸びていくよ~~~。
とても気持ちがいいです。むしゃくしゃした時、ぜひ、聞いてほしい。島津亜矢を。

2019年1月28日
鉄道員(ぽっぽや)

yamamoto

(C)1999「鉄道員(ぽっぽや)」製作委員会
デジタルプレミアムコース:日本映画専門チャンネル(125ch)

(番組概要)

浅田次郎の直木賞受賞の同名短編を、想像力豊かに映画化した人間ドラマ。高倉健・降旗康男監督・木村大作キャメラマンの黄金トリオが集い、誇り高き鉄道員の姿を幻想的に映す名篇。北海道のローカル線の終着駅の駅長を務める乙松(高倉)は、仕事熱心なあまり、漸く授かった一人娘の死や、公私に支えてくれた妻・静枝(大竹)の最期にも立ち会えなかったが、廃線とともに定年を間近に控えた冬の日、元同僚の訪問を機に鉄道員人生を振り返る。

(山本淑子の今日のイチバン↓)

やっぱり健さんはかっこいい。雪のホームにただ立っているだけでも様になる。廃線間近の小さな駅。こんな素敵な駅長さんがいたら、それだけで観光客が押し寄せそう。また駅長の制服が似合うんだな、これが。もちろん高倉健仕様に作ったんだろうけど、どこを切り取っても絵になるのが、スターなんだと思い知りました。同名の小説が原作。一人の鉄道マンの生涯を追うドラマなんだけど、ちょっと不思議な話になっていく展開が面白い。んー、でもやや暗い。やはり降籏作品は真面目なので、どうしても暗い。別の言い方をすれば、重厚。しかし、ホント、健さんは影のある役がハマっている。不幸が似合うというか、人生の不幸な部分を体現しているというか。一方で、そこに一筋の救いの光をあてて、より悲しみを引き立てる仕掛けが、降籏監督のうまさなんだなあ。過去と現在を色分けしてるので、わかりやすくて親切。蒸気機関車が思いっきり走るので鉄道ファンには嬉しいと思います。

2019年1月22日
にっぽん酒処めぐり

inouemini2

™ & © 2018 Turner Japan K.K. A WarnerMedia Company. All Rights Reserved.
デジタルプレミアムコース:旅チャンネル(143ch)
放送日:1月27日(日)11:30~

(番組概要)
旅⼈は、酒場雑誌『古典酒場』 の元編集⻑ 倉嶋紀和⼦。
多くの酒蔵を訪問した経験から、蔵⼈が地元の農家と協⼒しその⼟地ならではの味を求めて⽇々酒⽶を研究している姿をみて、酒造りとは、=(イコール)農業だと実感。新シリーズでは、⽶作りにも注⽬。蔵⼈とともに農家を訪問し、稲刈りなども体験します。また、⽇本酒の約80%を構成する⽔にも注⽬。蔵⼈とその源流を訪問し名⽔の秘密を探ります。その他、知っていると⾃慢できるようなお酒のトリビアも番組内でご紹介していきます。

(井上公子の今日のイチバン↓)

日本酒と言えば、米処、水の豊富な場所が産地として頭に浮かぶ。
しかし、この番組の記念すべき第1回は東京での「酒処めぐり」意外なスタートに面喰いつつ、思い出したのは都内のワイナリーの存在だった。
何かの番組で見たそのワイナリーは、いかにも都会然として、シンプルでクール。
作業工程は変わらないのだろうけど、コンパクトにまとめられた醸造設備はイメージとして頭に描くワイナリーとは別物だ。
農業が株式会社化、工場化される時代、醸造も新たなスタイルに変わっていくのは当然なのでしょうね。

さて、東京にもかつて作り酒屋があったという。明治に廃業したが、平成の世に復活した。
看板商品は「江戸開城」東京ならではのネーミングだ。
酒処をめぐる案内人は、元・酒場雑誌の女性編集長。長年の取材の積み重ねから「酒造り=農業」の持論を持つという。
東京都港区東京タワーのおひざ元での酒造り、農業よりも歴史、文化、地域性・・・独特の背景と味を持つことは間違いないでしょう。
醸造設備は都会のオフィス街の中にあり、ビルの特性を生かして酒を造る。
1回では可動式の角打ち(かくうち・・・酒屋の店頭で飲むこと)ワゴンがあり、杜氏自らソムリエよろしく解説をする。
このスマートな杜氏の姿も、時代の変化かなあ。

田舎に住みながら、都会でいるのと変わらない仕事ができる環境が整いつつあるが、田舎でしかできないと思われていたことが、都会で可能になってきているんですね。
なんだか、ワクワクします。

そして、案内人が尊敬する、酒場と言えばこの人・吉田類氏が合流し、酒呑み処を紹介するのも見どころ。
とにかく、日本酒好きが集まって、アツい談義を繰り広げ、うんちくを披露しあうのを見ていると、つい、日本酒を買いに走りたい衝動に駆られます。
まずは、梅錦を飲み比べようかな~。

2019年1月14日
宝塚歌劇『維新回天!竜馬伝!』

yamamoto

(C)宝塚歌劇団 (C)宝塚クリエイティブアーツ
デジタルプレミアムコース:女性チャンネル♪LaLaTV(123ch)
放送日 :2/2(土)18:30~

(番組概要)

男の友情、男女の愛をテーマに、飛び抜けた行動力と優しさ溢れる人間的な魅力で維新の主役となった自由人、味方からも敵からも愛された坂本竜馬の颯爽とした生き様を、激動の時代に若い命を燃やした志士たちや竜馬を愛した女たちとのかかわりの中で描いた「痛快娯楽時代劇」。

(山本淑子の今日のイチバン↓)

花組時代の真矢みき主演「硬派・坂本龍馬」をリメイクした舞台だそうだが、この公演自体も12、3年前。すでに引退したスターたちの現役時代を観る事ができる、ファンには嬉しい貴重映像だ。坂本竜馬を宝塚がやると、なるほどこうなるんだなと納得。少女漫画の実写版という感じ。目張りばっちり、細い肩、すらりと長い足の歴史的人物たちが次々と登場する。最初は多少違和感があるものの、観ているうちに宝塚マジックにかかってしまうから不思議だ。貴城けいの竜馬は軽妙洒脱、都会的で、とても土佐の田舎から上京してきた田舎者には見えない。しかしそれが「宝塚」なのであり、ファンたちの心をわしづかみにするのである。女が男を演じると、どうしても無理が生じる。その「無理」を懸命に演じる男役たちのいじらしさ。そしてそれを引き立て、支える女役。男と女を描くのにこれ以上の舞台はないように思える。清く、正しく、美しく。宝塚の魅力満載!名作舞台です。

2019年1月4日
LUCY/ルーシー

inouemini2

© 2014 EUROPACORP-TF1 FILMS PRODUCTION – GRIVE PRODUCTIONS. All Rights Reserved.
デジタルプレミアムコース:ムービープラス(122ch)
放送日:1月18日(金)23:00~

(番組概要)
マフィアによって下腹部に謎の物質を埋めこまれたルーシー。その物質が体内で漏れ出したことで彼女の脳機能が目覚めてゆく。覚醒率20%、1時間で外国語をマスター、30%、自身の細胞をコントロール。
だが100%覚醒が近付く中、彼女の能力が暴走し始める!

(井上公子の今日のイチバン↓)

リュック・ベッソンは私にとって、もしかしたら最も印象深い映画監督。
「グラン・ブルー」「ニキータ」「レオン」「フィフスエレメント」・・・
映画に目覚めた20代の頃、きっかけはリュック・ベッソン作品だった。
俳優のジャン・レノ、音楽はエリック・セラ、眼力の強い女優たち・・・
そして私のアイドル、ジャン・ユーグ・アングラート。サザンの原由子も彼のファンだったな。
当時並び評されたレオス・カラックスも好きだった。「ポンヌフの恋人」3部作の。
もう一人、ジャン・ジャック・ベネックスという監督と「フランス映画のニューウェーブ」と呼ばれたけど、今、作品を広く出し続けているのはベッソン監督かな。というわけで「LUCY」です。
これまでも主演女優にはとても強い印象が残るけど、今回のスカーレット・ヨハンソンもすごい!
初めて見たのは「真珠の耳飾りの少女」で、あの頃まだあどけなく、ぽっちゃり(?)だったのに、最近ではアクション派に転向したような活躍ぶり。
今作では、家族の愛に包まれて育ったのに悪い友達に捕まってとてつもない犯罪に巻き込まれ、とんでもない薬によって脳の機能を覚醒させられる女の子。
冒頭の韓国人マフィアとのシーンは「ニキータ」や「レオン」を彷彿とさせるコワさがあり、静かで冷たい恐怖と、恐れおののくルーシーの対比には目を離せなくなります。

そもそもこの話、「人類は脳の10%の機能しか使ってない」という都市伝説がベースになっています。(現在の学説では90%を使っていて、10%は予備だそうです)
知的存在として初めて現れた類人猿がメスの「ルーシー」だという、博物館の展示が出てきますが、類人猿「ルーシー」がなぜ、知的な活動を見せるに至ったか、それは薬によって脳の機能を100%活性化した主人公・ルーシーが時空を超えた結果。
また、そもそもの始まり、とんでもない薬はCPH4といって、妊娠6週目の妊婦が胎児の発達を促すために発生させるホルモンなんだそう。
なんだか、科学的根拠がありそう~な、知的好奇心をくすぐられそう~な話が期待できそうでしょ?

ぜひ、リュック・ベッソンの壮大な作り話にのっかって、真偽はさておき、お楽しみください。

2018年12月21日
PUFFY Precious Live in 熊本

yamamoto

デジタルプレミアムコース:SPACE SHOWER TV(156ch)
放送日 :12/22(土)25:00~

(番組概要)

これまでに全国各地で実施されてきたスペースシャワーTVの完全招待制ライブ。今年は震災から2年、復興へ歩みを続ける熊本での開催が決定。出演は、今年デビュー22周年を迎え日本のポップ・アイコンとして国内のみならず世界を舞台に活躍の幅を広げるPUFFY。 数々のヒット曲を放ち、国内外のフェスに引っ張りダコの彼女たちが当日どのようなライブを繰り広げるのか、期待は高まるばかり。このプレミアムなライブの模様を、90分たっぷりとお届けします!

(山本淑子の今日のイチバン↓)

このライブ、なんと1000人無料招待なんです。すごい。熊本でのワンマンライブは20年ぶりというから文字通り「貴重」なライブです。いや、20年ってPUFFYって何年やってるんでしょうか。なんかデビュー当時と見た目あんまり変わってない。若い、かわいい。

ライブは2部構成。第1部はアルバム「JET CD」を再現する趣向。「これが私の生きる道」や「渚にまつわるエトセトラ」など大好きな曲でテンション上がります。奥田民生とのエピソードなんかも披露。デビュー当時、指導はかなり厳しかったそう。ビブラートを使わない歌い方は奥田直伝のもので、トレーニングが過酷だったらしい。おかげで超自然体のPUFFYスタイルが出来上がったってこと。もともと二人は別々にソニーの事務所に入ったとかで、出会いって奇跡だなあとつくづく思います。第2部では中学生の吹奏楽部とコラボ。新しい曲あり、デビュー曲「アジアの純真」あり、最後はくまモン登場で、大盛り上がりでした。