2017年10月17日
「イサベル~波乱のスペイン女王~」

inouemini2

デジタルプレミアムコース:チャンネル銀河(135ch)

放送日
月~金 深夜0:00~

(番組概要)

スペインを統一に導き、スペイン史上最も偉大な女王の1人として挙げられるイサベル1世。父フアン2世が他界したことにより王室を追放され、貧しく辛い幼少期を過ごしたが、再び王室に戻ることを許される。カスティーリャの王位継承者候補として、王室内外から様々な謀略の的にされながらも後継者争いに勝利し、女王として戴冠、スペイン王国建国に至る彼女の人生を描く歴史ドラマ。

(井上公子の今日のイチバン↓)

歴史ドラマは、現実の歴史にフィクションが加わって人物像がより鮮明になった時、ぐぐぐ~っと引き込まれていく事がある。
 忘れもしない、小学5年生の「ベルサイユのばら」との出会い。マリー・アントワネットというお姫様が「王妃」として生きていく、生まれた時から背負っているその宿命を思った時。人間はどのように生き、結果として歴史を作ってきたのだろう・・・そしてそのうねりの中に私も存在するという現実を漠然と、茫然と感じたものです。
 イングランド女王エリザベス一世の誕生を描いた「エリザベス」もよかったな。私の好きなケイト・ブランシェットが、はかなげで、か弱いお姫様から、一国を背負う強い強い女王に生まれ変わっていく重みが、痛々しく、神々しかった。
そして、この「イサベル」です。「エリザベス」とは1世紀違いの先輩王妃です。こちらも陰謀渦巻く中を、自らの運と才気によって歴史を切り拓いていく。周りが仕組んだ政略結婚を退け、自身の選んだ王子様と結婚、その結果スペイン王国が誕生。その後のスペイン無敵時代が到来するのです。コロンブスを支援したことでも知られ、まさに一時代を作り上げた歴史の立役者。
さて、お話は出身国のカスティーリャ女王にイサベルが納まり、側近がこれまでを振り返るところから始まります。幼い王女から、成人した女王まで同じ女優が演じますが、この方、あんまり変わりません。ただ、衣装や、髪型で少女らしさを表していて、ちょっと、初めの当たりは混同してしまいます。そして、とにかくかわいいです。ケイト・ブランシェットのようなひとくせふたくせ感がまるでなく、どろどろのお話の中に咲く、一輪の白い花…そんな清涼感があります。この後、この可憐で無垢なお姫様がどのように難所を切り抜け、のし上がっていくのか・・・変貌するのか、しないのか、楽しみなところです。

コメントはまだありません。

コメントする

CAPTCHA