2018年12月10日
ジェーン

yamamoto

© National Geographic Creative(slash)Hugo Van Lawick

デジタルプレミアムコース:ナショナルジオグラフィック(142ch)
放送日 :12/16(日)21:00~

(番組概要)

野生チンパンジー研究の第一人者、ジェーン・グドール。まだ20代の彼女は素人同然の状態で、チンパンジー研究のためタンザニアのゴンベへ向かう。忍耐強いフィールド調査の結果、野生のチンパンジーが道具を使うことなど、次々に画期的な発見をした。2014年に見つかった未公開映像を使い、若き日のジェーン・グドールの研究の様子や暮らしぶりを伝える。撮影したのは、野生動物カメラマンであり夫でもあったヒューゴだ。

(山本淑子の今日のイチバン↓)

野生チンパンジーの研究者、ジェーン・グドールという一人の女性の半生を描いたドキュメンタリー。人生は出会いの連続だと言った人がいたが、彼女の人生はまさに出会いの奇跡で出来ている。記録された映像とジェーンヘのインタビューが、より鮮明にその数奇な運命を物語る。学位も持たない動物好きな女性だったジェーンは人類学者ルーキー博士と出会い、チンパンジーの研究のためタンザニアに派遣される。まずこれがすごい。そしてナショジオから支援を受けるのだが、その条件として派遣されてきたカメラマンと結婚する。なんと映画のような話。子どもを授かるが、のちに離婚。研究に没頭する。波乱万丈人生と並行して、チンパンジーたちのコミュニティーも描かれるのだが、これもまたすごい。生と死が目の前に突きつけられるような出来事ばかり。年齢を重ねたジェーンの落ち着いた声で語られると、心に染みる。人間とは何かという大いなる命題をみごとにあぶり出した秀作。

コメントはまだありません。

コメントする

CAPTCHA