2019年1月14日
宝塚歌劇『維新回天!竜馬伝!』

yamamoto

(C)宝塚歌劇団 (C)宝塚クリエイティブアーツ
デジタルプレミアムコース:女性チャンネル♪LaLaTV(123ch)
放送日 :2/2(土)18:30~

(番組概要)

男の友情、男女の愛をテーマに、飛び抜けた行動力と優しさ溢れる人間的な魅力で維新の主役となった自由人、味方からも敵からも愛された坂本竜馬の颯爽とした生き様を、激動の時代に若い命を燃やした志士たちや竜馬を愛した女たちとのかかわりの中で描いた「痛快娯楽時代劇」。

(山本淑子の今日のイチバン↓)

花組時代の真矢みき主演「硬派・坂本龍馬」をリメイクした舞台だそうだが、この公演自体も12、3年前。すでに引退したスターたちの現役時代を観る事ができる、ファンには嬉しい貴重映像だ。坂本竜馬を宝塚がやると、なるほどこうなるんだなと納得。少女漫画の実写版という感じ。目張りばっちり、細い肩、すらりと長い足の歴史的人物たちが次々と登場する。最初は多少違和感があるものの、観ているうちに宝塚マジックにかかってしまうから不思議だ。貴城けいの竜馬は軽妙洒脱、都会的で、とても土佐の田舎から上京してきた田舎者には見えない。しかしそれが「宝塚」なのであり、ファンたちの心をわしづかみにするのである。女が男を演じると、どうしても無理が生じる。その「無理」を懸命に演じる男役たちのいじらしさ。そしてそれを引き立て、支える女役。男と女を描くのにこれ以上の舞台はないように思える。清く、正しく、美しく。宝塚の魅力満載!名作舞台です。

コメントはまだありません。

コメントする

CAPTCHA