2019年2月12日
ちかえもん

yamamoto

©NHK
デジタルプレミアムコース:チャンネル銀河(135ch)
放送日:2月14日(木)スタート (月~金)0:00~

(番組概要)

時は元禄16年の大坂。浄瑠璃作家・近松門左衛門は極度のスランプに陥っていた。
謎の渡世人・万吉と出会い、近松は毎度騒動に巻き込まれるが……。人形浄瑠璃の名作「曾根崎心中」を執筆するまでの様々な苦悩と、それを取り巻く人間模様をコミカルに描いた痛快娯楽時代劇。

(山本淑子の今日のイチバン↓)

近松門左衛門とか「曾根崎心中」、そう言えば教科書に載ってたな、とか、聞いたことあるけどよくわかんないわ、とか、けっこうそういう方いらっしゃるんじゃないでしょうか。

江戸時代版人形劇の浄瑠璃や歌舞伎の脚本を書いていたのが近松門左衛門で、当時の流行作家、シナリオライターみたいなもんだったらしいです。大ヒット浄瑠璃「曾根崎心中」誕生秘話という形で物語は進むので、ざっくりわかった気になるお得感があります。もちろん虚実入り混じってますから、そこんとこはご承知くださいね。こてこてのコメディですが、軽過ぎず重過ぎず、役者がみんないい味出してるので、見応え十分。スランプに陥ったダメな中年男、近松を松尾スズキが好演してます。肝のちっちゃい役、ハマってます。毎回歌う替え歌が70年代のフォークソングっていうのも役者に合ってて面白い。一方で、人間の弱さや強さを考えさせられたり、奥深いところも。チャンバラのない時代劇、ホッコリしますよ。

コメントはまだありません。

コメントする

CAPTCHA